腕時計とぼくの生活

pinkyzoo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 14日

呼吸器内科へ行ってきました

ご無沙汰しております。 Pink-elephant-synです。
つい先日、禁煙をしたという記事をアップしましたが、その頃からそんなに酷くはないんですが咳が止まらずにいました。

 咳といってもいわゆる空咳、痰などを伴わない、乾性咳嗽(かんせいがいそう)というやつです。また、左脇腹の痛みも同時多発的に襲ってきたのです。
本来ならば、咳などは気にしないのですが、職場でもスタッフや患者さんの同じような症状を耳にしたので、同僚の勧めもあり受診となりました。

 まずは問診は軽~くスルー。症状や程度を伝えました。続いて咽頭の状態などを確認後、聴診と、肺機能検査

 リンク先では詳しく書かれていますが、要するに 肺活量努力性肺活量検査を行いました。


 結果、肺活量は年齢別のチャートとほぼ同じの101%。まぁ、普通です。
続いて、努力肺活量は何と、47歳程度との何とも情けない数値だと発覚しました(笑)。(実際は3?歳、四捨五入すれば、30歳です)
言い訳をさせてもらえれば、 測定中に襲ってくる脇腹の痛みの為だと思うんですよ、センセイ!ホントはもっとやれるコなんすよ~! 


後は、採血(アレルゲンの有無を調べる)や尿検査、胸部X-P撮影を行い仮診断へ。

医師:「咳喘息の疑いがありますね。吸入用の薬を使ってみて効果があるかどうかみましょうか。」とのこと。

     貰った薬はこちら。a0126285_1249581.jpg1日に2回の吸入です。














脇腹の痛みは正面からのレントゲン写真では判断できませんでしたが、過去に肋骨にヒビが入った症状とほぼ同じです。おそらく今回もヒビくらいはあるのでしょう。放っておきましょうか、今回は。



 ぼくの受診日記はさて置き、このブログは腕時計ブログです。
 今日は、医療用機能の付いた、こんな珍しい腕時計を紹介します。

 SEIKO 5 SpeedTimer PULSMETER  画像は無断転載です。
a0126285_1381540.jpg

さすが、 セイコーファイブ パルスメーター機能まであるなんて!あなどれません・・・
まさか、アズモメーター(呼吸数測定機能)なんかはないでしょうねぇ?

by pink-elephant-syn | 2010-06-14 13:15 | 日々の出来事 | Comments(2)
Commented by さいちゃん at 2010-06-14 17:26 x
pink-elephant-syn さんこんにちは!
あちゃ~pink-elephant-syn さんも咳喘息との診断・・・
実は私も1ヶ月前にかかって吸入器をいまだに使っています。
空咳の症状はおさまってもすぐさま風邪でも引けば
元に戻ると脅されて朝晩吸入し続けています。
症状がなくなっても長い人では2ヶ月の潜伏?状態にあるそうです。
ひょええええ~と思いつつ吸入器朝晩欠かしておりません。
咳はつらいですからね。大変ですが、(経験済み)ゆっくり治して下さい。
追伸・・・私も肋骨をせきしすぎでヒビとかは入りませんでしたけど
気をつけてといわれました。
Commented by pink-elephant-syn at 2010-06-14 20:13
さいちゃんさん。
この間の旅行日記の果てですね。
職業上、アドエアの吸入方法を患者さんに教えることはあるんですが、実際に(ぼくが看護師だとは言わないで)教えてもらうのは、なんとも恥ずかしい思いでした。
何をしても肋骨に響くのは、いただけませんねぇ~。
痛いのなんのって。

でも、なんだか1人じゃないのって、嬉しいような?お互いに養生しましょうね!

ありがとうございました!


<< 豚肉と大根を煮てみた。      家を建てることになりまして。 >>