2011年 08月 21日

帰ってきた、TUDOR CHRONOTIME

18日にクロノタイムが手元へ帰ってきました。

どこの時計修理会社へOVHの依頼をするか迷ったあとに、雰囲気のよさそうなホームページを見つけました。すると、以前購入した時計情報誌で見かけたことのある方が代表者だったのです。

ホームページの各OVH料金を見比べたりしていると、代表者の方のプロフィールがありました。
今となってはどうでもいいことなんですが(笑)、同じ兵庫県出身だったのです。
料金がリーズナブルであったこと、出身地が同じであったことが決め手でした。

インターネットでOVH依頼をすると、腕時計のピックアップサービスがあるとのことで、都合の良い日を聞かれました。丁度翌日が都合が良かったのです。まさかそうも早くは無理だろうなと考えていたのですが、翌日にピックアップサービス可能との返事。

やっぱり素早い対応は嬉しいもんです。その後は、代表者の方が最終見積りの連絡をくれたり、当たり前と言えば当たり前の状況報告がすごく気持ちよかったです。

修理終了時にはパートの方かな?あまり専門用語をご存じなさそうな女性が連絡をくれました。
「オーバーホールが終了致しました」の言葉が言いにくそうだったから(笑)
確かに女性が日常生活で「オーバーホール」って言葉を使うこともないかも。

金額的にも納得できる額だったし、時計技術者からのレポートとカルテも嬉しいサービス。
a0126285_16511596.jpg

直接顔を見て取引できないなら、安心材料にもなる。
ちなみに、到着後の精度も1日+8秒でした。

a0126285_16534898.jpg


また、クロノタイムが楽しめるので満足、満足です。

by pink-elephant-syn | 2011-08-21 16:55 | TUDOR Ref.79260 | Comments(2)
Commented by グリグリ at 2011-08-23 21:59 x
自分が大切にしているものを同じように大切にしてもらえるとうれしいですよね!
レポート、カルテの提出も安心感がありますね。
Commented by pink-elephant-syn at 2011-08-26 15:18
グリグリさん。

レポート、カルテは直接取引ができない不安感を軽減してくれますよね。
コメントありがとうございました!


<< まだ残暑は厳しかった・・・      OVH終了のお知らせ >>