2014年 09月 02日

第1日目、大山登山。

ふぅ・・・昨日家に帰ってきました。

結局2日目には岡山県の蒜山にも上ってきたので、大腿部の筋肉痛がハンパない(笑)

早朝4時に集合したぼくら。今回はチビ達の同級生の父親の 「 38Special 」君とその幼馴染みに「LifeGuard」君とのトリオ登山となりました。



a0126285_1112044.jpg

 今回試してみたかったのは、aminoVITAL。疲労回復に効果のあるとされるアミノ酸です。ぼくたちは、まだ登山を始めて時間が経っていないので基本的な体力不足は否めません(笑)なので、こういうサプリを効果的に使用してみました。 1日1~3本を目安に運動前、運動中、運動後に内服してくださいとのこと。

a0126285_11193450.jpg

 それでは、大山夏山登山口から登り始めます。大山登山は基本的には難しい、危険な道はありません。しかし日本100名山だけあって、めっちゃ人が多い・・・

 なんだかんだと3人でバカ話しをしながら登っていきます。息は切れ、汗は流れます。
a0126285_112721100.jpg

 あっという間に標高は1000mです。大山は標高1710.6mなのでまだまだ、これから。

 この日は山の天候が変化し易く、1日を通して曇り空でした。なので見る見る間にガスで覆われていく山肌。水蒸気が山を包んでいく様子が間近で見られます。
a0126285_11323014.jpg


 いよいよ1500m付近へ。
a0126285_11341835.jpg


a0126285_11343894.jpg

 天空の木道を歩きます。
a0126285_11363049.jpg


 この辺りは、大山キャラボクの群生地で国の天然記念物に指定されています。
a0126285_1138158.jpg


a0126285_11392361.jpg

a0126285_11404100.jpg


 ここまで来れば、あともう少しで頂上。
a0126285_11414769.jpg



 そしてついにピークハント成功。
a0126285_11462830.jpg

a0126285_11472787.jpg

 RISE MANを最近の登山では使っていますが、高度計や気圧の変化が見て取れるので、やっぱりアウトドアでは使い勝手がいいですね。高度が全く合っているとは言えませんが、大体はわかります。

 こんな小さな子でも登ってきている。えらいなぁ、ぼくらは疲れたよ。
a0126285_11503570.jpg


 そして、登頂後のお楽しみはやっぱりご飯!今回は「お茶漬け」。LifeGuard君が凍らせたオニギリを担いできてくれました。それにお湯を沸かしてぶっかけます。具材は永谷園のお茶漬けと、鮭フレークです。

a0126285_1156781.jpg

 これがバッカ旨!ソトで食べるご飯は何でも美味しいけれど、汗をかいたカラダにちょっと冷たいお茶漬けがぼくにはぴったり。
温かくしたかったら、シェラカップを直接バーナーにかけて温めなおせばいいだけ。
a0126285_11593398.jpg


 たっぷりとかいた汗が、頂上の風に冷やされてちょっと寒く感じてきました。ぼくの服装はTシャツだったけど、速乾性の高い素材なので、もうさらさらに乾いています。そろそろ下山しましょうか。

a0126285_1224186.jpg

 何という名前の花かわからないけど、少し立ち止まりながら下りて行きます。景色はやっぱりガスがかかって、時折見られる風景を大切にしながら。

a0126285_1244058.jpg

a0126285_124565.jpg


 こんなに近くても霞がかかってる。
a0126285_1253855.jpg


a0126285_1263836.jpg

a0126285_1265129.jpg


 下山道は大山寺を通り、駐車場に向かうので、お寺の階段を下りて行きます。
a0126285_12254183.jpg

 本来なら門をくぐる前に清める手水で手を洗う(笑)
a0126285_1226791.jpg


 下山したら、今夜のお宿の設営です。今回はモンベルのムーンライト5型がお家。
a0126285_121598.jpg


設営場所は野原。たたんだ店舗の裏が広ーい空地でした。道路沿いだったのでクルマでテントを隠しながら・・・(本当なら怒られるのかな?)

 晩御飯は焼肉。今回の一番のヒットはマトン。大山ではジャージー牛とマトンが美味しいのですが、100g500円以上の値段のジャージー牛は固く、1パック400円ほどのマトンはめっちゃ旨!
a0126285_12192851.jpg


 こうして、夜は更けていくのですが2時頃目覚めてからは一睡もできないぼくでした・・・


                                       2日目に続く。

by pink-elephant-syn | 2014-09-02 12:26 | キャンプ・アウトドア | Comments(4)
Commented by グリグリ at 2014-09-04 14:19 x
こういう記事を読むと山登りってイイなぁって思います。
僕も歩くのはキライではないんです。
JRのさわやかウォークから始めてのみようかな。
興味はあるのになかなか踏み出せない僕です(^^;;
Commented by pink-elephant-syn at 2014-09-05 12:42
グリグリさん。

ほんっとに気持ちがいいですよ!山に登るだけじゃなく、ウォーキングもいいですね!
ちょっとリュックにお茶とおにぎりを持って、電車の沿線を歩くんです。
しんどくなれば、電車に乗っちゃえばイイんですよ!(笑)
Commented by Sjors at 2014-09-05 20:51 x
こんにちは、Pink Elephant-syn、

700メーター以上のあなたの上昇は印象的です。さらに、私は、Risemanの正確さに感動します。私は、最近ベルギー(700および0m)の最高点で Rangeman の正確さをチェックしました。

私は、あなたが山の一番上の料理用の食事を準備したことは奇妙であると思います。どれくらいトップに到着するのにかかりましたか。

よろしく、

Sjors


Hello Pink Elephant-syn,

Your climb of over 700 meters is impressive. I am also impressed by the accuracy of the Riseman. I have checked out the accuracy of the Rangeman lately at the highest point of Belgium (700,0m).

I think it is funny that you prepared a cooking meal at the top of the mountain. How long did it take to reach the top?

Kind regards,

Sjors
Commented by pink-elephant-syn at 2014-09-18 13:22
Hello.
Mr. Sjors.
I am sorry that a comment becomes slow.
The time even concerning the summit of the mountain was about 4 hours.
It reached slowly, looking at a flower.
Whatever an outdoor meal may eat, it is delicious.
Sincerely yours

こんにちは。Sjorsさん。

コメントが遅くなり申し訳ありません。
山頂までにかかった時間は、4時間ほどでした。
花を見ながら、ゆっくりと登りました。

アウトドアでの食事は、何を食べても美味しいです。

敬具


<< ここ最近の時計熱について。      今晩から。 >>