2015年 10月 03日

上高地 涸沢へ。 続き。

a0126285_188714.jpg


まさかの朝方まで雨が降るという・・・

テント内は結露でびちゃびちゃ。シュラフからバッグまでしっとりしていましたね。ダウンを着たまま寝ていたので寒さは感じず。それがせめてもの幸いでした。




あ、写真左下のテントがぼくのお宿です。

涸沢小屋が向こうに見えます。

a0126285_1817232.jpg

ここからは昨日の分岐点のパノラマコースを歩いていきます。昨日の雨で、人気の山である涸沢も人がまばらでこのパノラマコースを通る人は少なそう。

もっと時間があれば奥穂も目指したいところですが、下山します。来た道を通っても楽しくないのでパノラマコース楽しみです。

しかし、紅葉もきれいに色づいてますね。絶景です!

a0126285_18202325.jpg

しかし、山の天気は変わりやすく晴れていたと思ったら、すぐガスってきます。

a0126285_18213946.jpg


a0126285_18224684.jpg


ここから屏風の耳を目指します。標高2565mへ。

a0126285_1826613.jpg


a0126285_18265712.jpg

涸沢方向を振り返ってみればこの景色。

屏風の耳のちょっと手前では「賽の河原」に寄り道です。

しっかし、賽の河原ってネーミング・・・いったいどうやねん。
a0126285_18291480.jpg

登っている二人はこの表情。38Special君とLifeGuard君。
楽しそう!

で、さくっと屏風の耳に到着。綺麗な景色だけど、ぼく以外の2人は早くも次の目標の屏風の頭(かしら)へ目を向けています。

ぼくはと言えば、昨日から履き始めたトランゴ キューブが足に合わず痛みがあり断念。

実はこの時点で、17時までに涸沢駐車場に着けるかどうか微妙な時間となっています。
「サクッと行ってくるわ~」と話す2人を見送ります。
a0126285_1838942.jpg


見えるかな?写真中央にちょっと盛り上がっているケルンがある場所が屏風の頭の頂上部。
a0126285_18391274.jpg

2人が小さく行動していますね。
この間に次いでやってきたオジサマとしばしの談笑を。やはり昨日の雨のおかげで、人が少ないと。

a0126285_18441297.jpg

おっ、到着しましたね。
さすがの高度感。

このあとはながーい帰り道に足を引きずりつつなんとか時間も間に合い帰ってきました。
a0126285_18484674.jpg

良く頑張ったご褒美に、名古屋でひつまぶしを頂きます。
a0126285_18482287.jpg


問題はシューズなんよなぁ。履きなれていないだけなのか、もしかして足に合っていないシューズを選んでしまったのか。
高い買い物なので次のシューズをすぐ買うってこともできないし・・・

しかし、今回の登山でぼくらにとっては初めての本格的な雨でした。濡れ対策や滑らないよう注意する等学ぶべき点も多く収穫できたのでよかった。。
二日目の景色を見れたこともよかったな。

a0126285_18545398.jpg


by pink-elephant-syn | 2015-10-03 18:55 | キャンプ・アウトドア | Comments(2)
Commented by Sjors at 2015-10-23 03:55 x
こんにちはPinkElephantSyn 、

なんと驚異的な眺めか!私は色を愛している。それは偉大な旅行であったにちがいない!

親切な敬意、

Sjors

Hello PinkElephantSyn,

What an amazing view! I love the colors. It must have been a great trip!

Kind regards,

Sjors
Commented by pink-elephant-syn at 2015-10-27 15:58
Hello. Mr. Sjors.

I'll turn the scenery of the others beautiful Japanese four seasons.
It's very pleasant that a season changes with spring, summer, autumn and winter.

Sincerely

こんにちは。Sjorsさん。

日本の四季は周りの景色を美しく変えていきます。
春、夏、秋、冬と季節が変わるのがとても楽しみです。

敬具


<< 富士山登山を。      上高地 涸沢へ。 >>