2015年 10月 27日

富士山登山を。

2015年10月23日~24日にかけて富士山へ登ってきました。

ベストシーズンをあえてずらしたのは、その登山者数の多さ。世界文化遺産への登録後はグッと増えたようですね。

登山ルートは富士宮ルート。

「登太平洋を背に登る4ルートで最短のルート

吉田ルートに次いで人気のあるのが富士宮ルート。4つあるルートの中で最も山頂までの距離が短く、また剣ヶ峰までも一番近いルートです。このルートの魅力は太平洋を背中に登ることですが、天気が良く空気が澄んでいれば駿河湾を一望することもできます。登りと下りが同じ登山道なので迷う心配が少ないルートと言えますが、時間帯やピーク時には登山道が混雑する事も多いルートと言えます。」
a0126285_14594550.jpg


2014年のこのルートの登山者数は、64,492人だったようですね。






5合目の登山口の標高はすでに2400m.
a0126285_14592774.jpg

もう、雲の上。

もうね、こんな景色見ながら登るから写真を撮りまくってすごく時間がかかる(笑
こういうことも考えて、人の少ないシーズンを選びました。

しかし、「 富士登山オフィシャルサイト  」 によると、夏でも山頂で雪が降ることもあるらしく、ある意味リスキー。

全行程で出会った人はおよそ30人ほどだったかな。

ほら、富士山は近くで見るより、離れて見たほうが美しいなんていわれているけれど、ある意味その通り。
だって、森林限界より高度が高く樹木もないし、火山なので岩肌は露出しておりゴツゴツした場所ばかり。
a0126285_1581993.jpg

a0126285_15113834.jpg


38Special君は登り始めから体調が悪く、ずっとしんどそう。ぼくには全行程でまったく高度障害も出ず、しっかりと歩けました。
a0126285_15144650.jpg


頑張った38Spcial君もLifeGuard君も山頂へ到着です。
a0126285_15154760.jpg

剣ヶ峰が標高3776mの場所。下の写真のトップがそこです。
a0126285_1518733.jpg


富士山は活火山のため、火口が見えました。この景色は一度は見てみたかったから、嬉しい。
a0126285_1519388.jpg


富士山の山頂は以前、有人の気象観測所があり(現在は無人となっている。)そこが日本一の標高を示す石碑が立っている。

やっぱり嬉しいね。記念写真を1枚。
a0126285_15245751.jpg

a0126285_1526646.jpg


もう一つのお楽しみが「お鉢巡り」

これは、火口周囲約3Kmを久須志神社と浅間大社奥宮を歩いてまわるんですが、ここから急に天候が急変してものすごい強風が吹き始めたんです。

もうすでに歩き始めていたぼくらは、引き返すこともできず歩きましたが、立っているのも困難なほどで、四つん這いになって風を耐えました。
いや~、ほんっとこの時は怖かったな~。前を歩いていたおじさんは一瞬体が宙に浮いて、こけたらしいですからね。

結局この風は下山するまで吹き続け、ぼくらの体力を奪っていきましたね。山頂の気温は6~7度でしたが、五合目と山頂との標高差があるため、気温差が大きく(標高差100m毎に約-0.6℃)、山頂では夏でも真冬並みの気温となります。また、同じ気温でも風が吹くと体感温度が下がります(風速1m毎に約-1.0℃)。

無事下山した時の安堵感は嬉しかったな~。(しかも下山途中からLifeGuard君まで高度障害の症状が現れ始め、吐き気と頭痛に悩まされていました。)

姫路市からの弾丸登山で往復約1000Kmの工程でしたが、きつかった~(笑)

登山を始めて、一度は登りたい山でしたが強風や高度を経験してレベルが上がったんじゃないかと(笑
登山は危険と隣り合わせなので、しっかりと準備をして安全に注意していれば、こんなにも楽しい。

こりゃやめられませんな!

by pink-elephant-syn | 2015-10-27 15:43 | キャンプ・アウトドア | Comments(2)
Commented by チビコ at 2015-10-29 11:11 x
絶景ですねぇ~♪

富士山、一度は登ってみたいと夢見つつ、この歳になったら
遠くから眺めているだけで十分です(笑)

お疲れさまでしたぁ~(^-^)/
Commented by pink-elephant-syn at 2015-10-31 18:32
チビコさん。

はい♪絶景でした~!
登山を始めたら1度は登ろうと思ったのですが、楽しさがあまりない?山でしたね~。
というのは、景色があまり変わらないんですよね。
眼下に見える景色は絶景でしたが、風景を楽しむ山ではないのかも・・・
でも、思い出に残る山ですね!
次は違うルートから登ってみたいですね!


<< スマホ事情。      上高地 涸沢へ。 続き。 >>