腕時計とぼくの生活

pinkyzoo.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 13日

気になる時計

最近は、腕時計よりも登山道具にお金がかかってしまっていてなかなか新しい腕時計買えていないんですが、市内の時計屋さんに気になる腕時計を見に行きました。

SINN556とORISダイバーズ65です。

ぼくら関西人にとって556は肉まんを認識させるのですが、皆さんは「KURE556」ですか?

世界的に556って数字の羅列に何か意味があるんでしょうかねぇ・・・?




a0126285_09065619.jpg
まずはSINN556ですが、と~ってもシンプルフェイスですね。ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」―――日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。

ですがこの腕時計はまさに素であるといえます。ということは、時間を知ることのみに特化した腕時計です。

まぁ、腕時計ですから最低限の正確性のみで充分ですがね。 直径は38.5mm
a0126285_09171216.jpg
続いて、ORISダイバーズ65。こちらは1965年モデルの復刻ですが、サファイアクリスタル風防に変更して、ラバーベルトも当時の雰囲気に合わせたものを採用するなど、ヴィンテージ臭ぷんぷんなモデルですね。

防水性能は当時と同じかわかりませんが、ここは最低でも200M防水にしておけば、消費者の心をつかめるのに。

サイズは40.0mm試着した感じではどちらも同じような感覚でした。ぼくの手持ちの腕時計もサイズがバラバラなので、あんまり気にならず。

でも、やっぱり独特の雰囲気のあるORISダイバーズ65が気になりますねぇ。さて、皆さんはどちらがイイデスカ??


P・S    オリスにはブロンズケースのカール・ブラシア リミテッド エディションもあります。こちらは限定生産2000本。
      こちらは直径40.0mmですね。
a0126285_09455673.jpg


by pink-elephant-syn | 2016-03-13 09:24 | その他の時計 | Comments(2)
Commented by コウちゃん at 2016-03-15 19:32 x
久しぶりのコメントです。
先日の山は迫力の景色ですね。 今シーズンは暖冬でスキー場も雪がほとんどなかったですが、あるところにはあるんですね。
時計の方は私も長らくご無沙汰ですが、気に入ったものはあるものの、私の小遣いでは手も足も出ません・・・・・(vv)

妻同士子供同士ではチョコチョコ行き来させてもらっているようですがまた、いよいよシーズンも変わり目、近々花見でもしましょう。
Commented by pink-elephant-syn at 2016-03-16 18:48
コウちゃんさん。

お久しぶりですねぇ。ぼくこそご無沙汰しており申し訳ないです。
お花見是非したいですね!


<< エヴェレスト 神々の山嶺 見て...      映画 エヴェレスト神々の山嶺 >>