腕時計とぼくの生活

pinkyzoo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 27日

アンティーククロノグラフ

 腕時計にハマっていくと、段々と古い時代を追いかけていく楽しみを覚えます。しかも、作られた時代は日々を追うごとに遠くなり、状態の良い腕時計から市場から消えていく。
 また、雑誌やインターネットでの盛り上がりはブームになればなるほど、価格も高騰していく。腕時計が大好きな人は情報を集めて人気のあるムーブメントを追いかける。
今となっては頭でっかちな知識はそれなりに身につけましたが、直感で「あっ、いいな」と思える腕時計に出会ってます。それが、紹介するこの腕時計。

CHRONOGRAPHE SUISSE
a0126285_14204071.jpg

a0126285_1421559.jpg


京都のスミス・ヴィンテージウォッチで購入。陳列してある沢山の腕時計を見ていても、「めっちゃ気になる。ピカピカしていて綺麗や~」という感想。もう、直感を信じて「これ、ください」と声をかけていました。

さて、ぼくが気に入ったのは、タキメーターが(外周の60Kmh表示)ブルー、テレメーターが(内周)が鮮やかなレッド。文字盤は経年劣化のためスポットがでてきていますが、販促用POPには1951年製と書かれていましたが、約60年を経ても状態がいいですよね。クロノグラフ作動の順序が普通のと違って、スタート(上)→ストップ(下)→リセット(下)の順序。後で雑誌なんかを見ていると、どうやらランデロン製のムーブメントのよう。
ぼくの年齢でこの金ムクはどうやろう?と思いましたが、ピンクゴールドの色合いが、イエローゴールドより柔らかく、アンティーク独特のクラシック感との調和がいい。
この腕時計をはめていく機会は多くありませんが、冬場のコーディネートでブラックの薄手のニットにあえて外巻きをしたりするとカッコいいんです。(自画自賛です)

by pink-elephant-syn | 2009-07-27 14:43 | その他の時計 | Comments(2)
Commented by kazu at 2009-07-28 19:31 x
これぞ、ビンテージですね~ランデロンですか・・・渋すぎます。実用には何かと気を使いそうな時計なんで鑑賞用に徹した方がよさそうですね。手に取るだけで幸せになる(笑)そんな時計ですよね!
Commented by pink-elephant-syn at 2009-07-29 12:05
kazuさんコメントありがとうございます。おっしゃるとおり、実用には気を使いますが、愛情をもってまだまだ現役で使っていこうと思います。ぼくにもうちょっと写真のうでがあれば、もっとピカピカして綺麗なんですよ。


<< Le temps est 15:30      ユリス・ナルダン クロノメーター >>