腕時計とぼくの生活

pinkyzoo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 04日

ENICAR ULTRASONIC

今日紹介する時計は、1950年代から60年代にかけて日本中で流行ったエニカ ウルトラソニックです。
かなりの本数が流通したようで、「エニカ ウルトラソニック」で検索をすると綺麗な固体たちを探すことができます。

a0126285_16132936.jpg

エニカは、ご存知の方も多いとは思いますが、ブランドネームが創業者の名前からつけられています。

「Ariste Racine(アリオスト ラシーヌ)」のRACINEを逆さ読みにしたブランドネームです。文字盤にはエニカのトレードマークの土星があります。

この固体では、約50年前の製造でもあり、激しく文字盤の剥がれが見られますし、プラ風防はヒビが入っていてお見せするのが恥ずかしいくらいですが、機械はなかなか美しい姿を保っています。

a0126285_16192141.jpg

写真には写っていませんが、テンプ下あたりに、「AR」のホールマークと「1010」の刻印が刻んであります。
これが、ムーブメントナンバーなのでしょうか?
手巻き式のため、かなりスリムな腕時計です。
a0126285_16214539.jpg

a0126285_16311719.jpg


裏蓋の内側にたぶんOH履歴でしょうね、「41,8,4」のゴムスタンプが押してあります。
ただ、1つ気になることがあるのですが、どうしてエニカを手に入れたのでしょう?どなたからのもらい物だとおもいますが、腕時計好きにとってはありがたいプレゼントです。

by pink-elephant-syn | 2009-09-04 16:40 | その他の時計 | Comments(2)
Commented by tibiko at 2009-09-04 20:26 x
こんばんは、
腕時計好きの輪が広がるのは嬉しいことなので、
勝手ながら、リンクさせて頂きましたぁ(^。^)/
もし、ご不都合がおありでしたら、ご連絡ください。
Commented by pink-elephant-syn at 2009-09-04 22:05
tibikoさん、コメントありがとうございます。
リンクありがとうございます。いまいちリンク方法が解っていませんので、大至急で勉強いたします~。
9月のやり残した夏休みの宿題みたいに急ぎますね~(大人なので楽しみながら・・・)


<< 悲しきスウォッチ      SEIKO BELL MATI... >>