2009年 09月 11日

磁気帯びについて

ぼくの職場では、医療機器を用いることがあり、比較的磁場が多く発生することがあります。

医療機器は磁力を用いることが多く、医療機器の近くでは磁場の影響を受けてしまうことがあるのです。 

そこで、方位磁石を用いて腕時計の磁気帯びを調査してみました。

すべての腕時計を調査するのではなく、今回はこのブログで紹介した特にSEIKOの腕時計について検証してみることにしました。

まずは、ぼくがパソコンを使用しているデスクの端に粘着テープを貼り付け、矢印を記入します。
その上で、方位磁石を北の方角に合わせ、腕時計を近づけて磁気帯びを調べることにしました。

これが、方角を示す基盤の位置になります。
a0126285_2329032.jpg


まずはトップバッター! ベルマチック ブルーダイアル
a0126285_23195647.jpg

なんと、北東約65度の位置まで矢印が移動していることがわかります。

続いて、ベルマチック ホワイトダイアル
a0126285_23214067.jpg

これでは、北西約290度近くまでの移動が見て取れます。

最後に、LMですが、
a0126285_23222782.jpg

指針の動きがあまりありません。

今回の磁気帯び調査は時差の特定までは及んでいませんが、日常の生活においても、腕時計がこれだけの磁気を帯びるんだという検証のため行っています。これらの腕時計を日常でも使用しますが、ロングランを行うことなく、次の腕時計を使用してしまうため、正直日差をあまり意識したことがありません。
 しかし、磁気帯びが精度に影響を与えることは常識のため、もう一度磁気の影響を考えることは必要かと思います。


いや~、楽しかったです(^^)

by pink-elephant-syn | 2009-09-11 23:29 | 時計いじり | Comments(6)
Commented by tibiko at 2009-09-13 16:31 x
磁気は目に見えませんからねぇ~(^。^;)
方位磁石をパソコンや携帯に近づけると
びっくりするくらい針が振れますよ
Commented by kazu at 2009-09-13 18:05 x
僕は携帯電話使う時、左耳にあてるので帯磁が気になりますが・・・携帯と電子レンジはかなりの磁力があるようなので気をつけてますが、この時代に磁力のない場所を探すのは難しいですし、そんな気ぃ使ってられねぇ~みたいな時もありますよね。
Commented by pink-elephant-syn at 2009-09-14 10:06
tibikoさん、おはようございます。
やってみました。ケータイとパソコンに近づけると、クルクル~っと回りますねぇ!特にノートパソコンのキーボードの左手首あたりがヤバイです。

ぼくは、左手に腕時計するんですよ・・・これから気になって仕方がないかも?です!!!
Commented by pink-elephant-syn at 2009-09-14 10:10
kazuさん、おはようございます。
正直、いままで磁力に無頓着すぎました。このブログでも、帯磁プレートが・・・なんて紹介していたのに、いざ我がSEIKOたちが帯磁していたなんてびっくりです。なんとか自作でもして、消磁の道具作れませんかねぇ。
Commented by tibiko at 2009-09-14 17:26 x
実は以前ボクもそのネタをやったんですよぉ~(^。^;)

ttp://tibiko.mo-blog.jp/swatch/2008/02/post_0f74.html
Commented by pink-elephant-syn at 2009-09-14 18:33
tibikoさん、おおッ!かぶっていましたか(^^;) 
ブザーで消磁できるんですね。改めてブザーを購入しても、?なので、古道具屋でものぞいてみますかぁ!!


<< ブレスレット?革ベルト?NAT...      悲しきスウォッチ >>